ドライクリーニングでは、水溶性のシミ汚れは取り除くことができません

「夏場の汗がたくさん付着したスーツを何度もクリーニング店に出してもゴワゴワした着心地のまま」

なのはドライクリーニングでは水溶性の汗汚れを取り除けないからです。ウール素材は汗をしっかり抜かなければ質感が損なわれます。

アジュールクリーニングではドライとウェットのWクリーニングを指定して頂くことができます。

 

ウェットクリーニングは経験と技術が必要になります、その工程をご紹介いたします。

寸法

仕上がった時に「寸法がよれていないか」の確認のために寸法を測ります。

 

しつけ糸

ポケット、釦ホールに生地開きが生じないように、しつけ糸を入れます

 

洗浄

ウエットクリーニング用に調合した洗剤で洗浄、ウール素材に適した柔軟剤を加工します。

 

乾燥

ドラム回転型の乾燥機は一切使用せずに、ボディーに着せボックス乾燥機を使用します。

 

ハンドプレス

手仕上げで時間をかけてプレスいたします。

 

ウエットクリーニングの料金は通常金額の50%増しになります。

市販スーツ
ジャケット+スラックス 3,000円
ジャケット 1,800円
スラックス 1200円

オーダーメイドスーツ、ブランドスーツ
ジャケット+スラックス 6,000円
ジャケット 3,600円
スラックス 2,400円